軽自動車でハッピーライフ!埼玉県軽自動車協会
埼玉県軽自動車協会お役立ち情報発信サイト
HOME > 軽自動車の基礎知識 > 軽自動車の規格と変遷
軽自動車の規格と変遷
昭和24年7月・・・・軽自動車の規格制定(運輸省令第36号)「車両規則改正」
長さ 2.8m 排気量 150cc (4サイクル)
1.0m 100cc (2サイクル)
高さ 2.0m 出力 1.2kw
昭和25年7月・・・・軽自動車の中に二輪・三輪・四輪の区分を設ける(運輸省令第56号)
〔三輪・四輪〕
長さ 3.0m 排気量 300cc (4サイクル)
1.3m 200cc (2サイクル)
高さ 2.0m 出力 2.0kw
〔二輪〕
長さ 2.5m 排気量 150cc (4サイクル)
1.0m 100cc (2サイクル)
高さ 2.0m 出力 1.2kw
昭和26年8月・・・・軽三輪・四輪の排気量の拡大(運輸省令第74号)
道路運送車両法公布
〔三輪・四輪〕
排気量 350cc (4サイクル)
240cc (2サイクル)
出力 2.0kw

昭和27年8月・・・・軽二輪の幅の拡大(運輸省令第53号)
〔二輪〕
1.3m
昭和28年3月・・・・軽自動車の中に農耕作業用自動車を追加し、
二輪の排気量拡大(運輸省令第11号)
〔農耕作業用車〕
長さ 4.3m 排気量 1500cc (4サイクル)
1.68m 1000cc (2サイクル)
高さ 2.0m 出力 7.5kw
〔二輪〕
排気量 250cc (4サイクル)
150cc (2サイクル)
昭和30年4月・・・・4・2サイクル別撤廃、原動機付自転車に一種・二種の区分を設ける
〔三輪・四輪〕 360ccに統一
〔二輪〕 250ccに統一
〔農耕作業用車〕 1500ccに統一
昭和35年7月・・・・定格出力の廃止(運輸省令第30号)
昭和48年10月・・・・軽三輪・四輪自動車の検査制度開始(道路運送車両法の改正)
昭和51年1月・・・・軽三輪・四輪自動車の規格改定(運輸省令第34号)
長さ 3.2m 排気量 550cc
1.4m
平成2年1月・・・・軽三輪・四輪自動車の規格改定(運輸省令第4号)
長さ 3.3m 排気量 660cc
平成10年10月・・・・・軽三輪・四輪自動車の規格改定(運輸省令第53号)
長さ 3.4m
1.48
現在
〔三輪・四輪〕
長さ 3.4m 排気量 660cc
1.48m
高さ 2.0m
〔二輪〕
長さ 2.5m 排気量 250cc (軽二輪)
1.3m 125cc (第一種原動機自転車)
高さ 2.0m 50cc (第一種原動機自転車)


Copyright(c)2018 埼玉県軽自動車協会 All rights reserved.